京都で思い出を作る

最近では京都で結婚式をする人たちや、新婚旅行で京都を選択する人たちなど、京都にかなり関心が高まっています。そして、海外の人たちが京都で結婚式をするスタイルが段々と増えて、日本人の方々も京都に対して、逆輸入されたような新しい発見をする人たちが多くいます。

どのような結婚式が一番良いのかという問題は個人それぞれの問題です。だから尚更、流行に流されないで、自分がなぜその場所を求めているかということをしっかり追求することが大事です。

更に言えば、結婚式とは、一人だけの考えで成立するものではありません。相手の意思も尊重しなければならないですし、ゲストが何を求めているかということも同時に考えていく必要があります。結婚式には、高齢者の方々も多く出席をして、そのような人たちも求めている共通の観念といえば、やっぱり日本流、神社の形式だと考えることができます。和装の袴と白無垢が一番背景に生える場所とは、やっぱり京都だとやがて気付くことになります。

一般的な結婚式の場合では、ホテルの会場を借りて行ったりという流れになりますが、室内限定によって思い出が制限されてしまうかもしれないということを考えるべきではないでしょうか。せっかく京都で式を挙げるのであれば、端々に京都を感じることの出来る挙式が理想的です。神社形式はもちろんですが、チャペルだった場合でも、大きな窓からは歴史感じる塔が見えたり、京都の四季折々の自然も感じることが出来ると尚更素敵ですね。